い草について

い草の歴史について

熊本県八代地方は江戸時代に肥後と呼ばれる地域で、肥後のイグサ栽培歴史は古く1505年ほど、今の八代市千丁町太牟田にあった上土城主の岩崎主馬守忠久公(いわさきしゅめのかみただひさこう)が領内の古閑渕前にイグサ栽培させて、特別保護のもとに奨励したのが始まりといわれています。
太牟田表・八代表・肥後表と名前は変わり、幾多の困難をのりこえ地場産業として定着した昨今、八代地方を中心めざましい発展をとげ、現在では日本一の生産高を誇る「くまもと畳表」の生産地に成長してきた経緯があります。

PAGE TOP