ウレタン防水

ウレタン防水

最も一般的な防水工事

ウレタン塗膜防水は、最も一般的な工法で、最近の修繕工事においても需要が増えています。
場所は屋上やバルコニーなど、多くの場所で使用されています。

ウレタン塗膜防水の特徴は、現場にて液状の高分子材料を塗布施工するため、密着性が高く、下地に馴染みやすい点です。
ですから、複雑な収まりにも容易に施工でき、継ぎ目のない防水層がつくれるメリットがあります。

さらに、防水層は軽量で建物に負担をかけないので、建物の寿命を延ばすことも可能です。

基本的に材料を塗るだけなので、工事自体も簡単で、コストは全面改修に比べて半分以下で済みます。
定期的にトップコートを塗り替えると、防水層を紫外線などによる劣化から長期間守ることができます。

PAGE TOP