防水塗装

防水塗装について

建物の屋上部分と言うのは、強い紫外線や地域によっては塩害、暴風雨や豪雪など、自然の厳しさにさらされ劣化が激しい部分です。

普段なかなか気付かない場所のため、月日が経つと小さなひび割れが出てきます。
目を凝らしてみないと見えないほどの小さなひび割れですが、そこから雨水などが侵入し、なかの鉄筋などが錆びて膨張し、コンクリートの剥離やひび割れ(クラック)が、ひどくなると、天井の上にコンクリートが落ちてきます。
また、防水にも色んな種類がありますが簡単に説明すると、コンクリートの上にゴムを流し、遮熱塗料やでゴムを保護するという形です。 遮熱塗料も塗りますので、確実に室内温度にも変化が出ます。

防水は、人に見られる部分ではないですが確実に建物を残す為にも必要な工事です。 もちろん、お客様の予算にも合わせますので屋上だけの防水や雨漏り部分の防水など色々お答えできますのでお問い合わせください。

PAGE TOP